Interview

インタビュー

安倍内閣が経済再生に向けて展開している「3本の矢」。その3本目の矢、持続的な日本の経済成長につなげるための「成長戦略」の中から、女性が輝く日本をつくるための政策が打ち出されたこともあり、「女性の自立」「女性の社会進出」というメッセージが、以前より目立つようになりました。

しかし、そのことを当代表レイコ(以下、レイコ)に尋ねると、「女性の自立」という考え方は、すでに6年前に完結していたとのこと(2018年11月現在)。

では、女性の自立の先にどのような世界を見ているのか? 自身も自立を目指し、20代中頃ではじめて管理職になったというレイコに「女性のはたらき方」というテーマでインタビューをしました。「アップデート」というキーワードを盛り込んでお伝えしていきます。

「女性の働き方」「個の時代」をアップデートする

「これからは女性の時代」と言われるようになり、各方面での改革も進んでいますよね。

レイコ:女性が活躍できる機会も増え、行動すれば現実が良くなっていくという経験を私自身もしてきました。ですが、仕事で成功しようとすればするほど心が幸せを感じなかったり、一時的にハイになるけど、枕を涙で濡らす…という状態になってしまいました。そういう状況に陥ってしまっている女性は増えていると感じてます。

そう考えると、これまでの男性の役割を女性が代わりにするような世の中の流れは、「女性は家事だけしていればいい」という過去の時代への抵抗でしかなくなってしまいます。それでは「アップデート」とは言えません。

今回のインタビューでは、「アップデート」がキーワードになりました。自愛力で考えるアップデートとはどのようなものでしょうか?

レイコ:一般的にはより良くなるために、加えたり補ったりして最新へする印象が「アップデート」という表現にはあると思います。ですが私の考える「アップデート」は、服を脱いでいく、裸になっていくイメージです。従来の「アップデート」というのは、見方によっては「自分を否定すること」にもなります。今の自分のままでは足りないから加えていく、補っていく。エネルギーの目線で考えると、これは「退化」だと考えます。

これまでの一般的な捉え方とは真逆の発想ですね。

レイコ:ではどうすれば退化ではなく「進化」に向かえるのかというと、自分の中の「価値観」を、一つひとつ精査することが大切になります。例えば、日々の生活やお仕事をする中で「イヤだな~」と感じることがあると思います。そういうネガティブな感情を受け入れられるようになり、そういうものも全部「丸ごとオッケー♡」と思えるようになることが、進化のアップデート第一段階、キーポイントだと私は考えています。

いま世の中的には、自分の得意なことや強みを伸ばすことが大切という「個の特性を活かす風潮」もあると思いますが、そことの違いは何かありますか?

レイコ:「自愛力」の考え方でいくと、もちろん得意なことや強みを活かすことは重要なのですが、それ以上に「苦手なこと」「気持ちがザワザワすること」を大切にしましょうと伝えています。というのも、そういうネガティブな感情、何かイヤだなと思う気持ちの背景には何かしらの「価値観」があり、その裏側に「理想」「魅力」「才能」が埋もれている可能性を秘めています。

得意や強みだけを活かす道を選んでしまうと、イヤだなと思うものを排除する選択をする傾向もあります。でもそうではなく、それらも含めて「全部丸ごとオッケー♡」することが、埋もれている才能を開花させることにも繋がり、ひいては「自分らしく輝く」ことに繋がると思います。

 

男性と女性が調和する時代へ

『自愛力』をベースに考える「働き方」とはどういうものなのでしょうか?

レイコ:とても古くさく思われてしまうかもしれませんが、これからは古き良き日本へ「新しい形で」戻っていくことが大切だと考えています。昔の日本のいいところだけ。助け合い、思いやり、調和、みんなで豊かになる。女性だけ、男性だけという考え方が「1.0」なら、その調和を大事にする世界が「2.0」だと考えています。

いまは世の中的に、依存から自立のところへステージが進んでいると思うのですが、私が考えているのはその先の、共に助け合う世界、お互いに感謝して共に成長し繁栄する共存の世界です。

そのためにも、それぞれが自分を愛し許して己を極めること。違いを許しあい、それを認めあい、互いに見守りあうこと。それを『自愛力』というテーマでは大切にしています。だからこそまずは、個々人が、自分を丸ごと愛する『自愛力』をベースに生きられるようになることが、働き方改革の一歩目になるのではないでしょうか。

インタビュアー・文:大崎博之
https://startup-and.com
編集:レイコ
https://lady-net.tokyo/

記事一覧

レイコ

個が活かされながら調和を生む世界のリベラルアーツ「自愛力」を提案し、自分の在り方を変化させる感情にフォーカスしたノート術「自愛力ノート®」を考案。「自分自身で癒し、命題を...

関連記事