• 女性社員のモチベーション管理がうまくいっていない
  • 「会社員としての自分らしい働き方」の提案ができていない
  • 「女性転職希望者の引き留め、人材確保の対策を練りたい
  • 「起業ブーム」に際して人材がいない中で、ノウハウ& 実績を積んだ正社員を失うのが辛い。痛手。
  • 「一定したパフォーマンスが保てるメンタル的なサポートや マネジメントに難しさを感じている
  • 女性社員のモチベーション管理がうまくいっていない
  • 「会社員としての自分らしい働き方」の提案ができていない
  • 「女性転職希望者の引き留め、人材確保の対策を練りたい
  • 「起業ブーム」に際して人材がいない中で、ノウハウ& 実績を積んだ正社員を失うのが辛い。痛手。
  • 「一定したパフォーマンスが保てるメンタル的なサポートや マネジメントに難しさを感じている

→ 他者への責任転換がなくなり、会社への不満も軽減される

 

→ 尊重しあえるチーム力がついてくる

 

 

→精神的健康である社員が増える

→目標が叶うことでイキイキしてくる

→管理者の負担が軽減される

→それぞれが本来の業務に集中できるため 生産性が上がる

 

 

自愛力ノート術®研修は

「今の自分を知り、分析し、俯瞰できることによって、組織の中での自己価値や次の目標設定ができる力をつける」ノート術をお伝えする研修です。

 

 

日々のモヤモヤや不満を言語化し、解決にむけた行動までを自身の力で出来るようになる土台作りをします。

 

 

一人一人の主体性をあげることでチームが本来取り組むべき課題を全うできる環境作りが可能です。

自愛力ノート術®研修は

「今の自分を知り、分析し、俯瞰できることによって、組織の中での自己価値や次の目標設定ができる力をつける」ノート術をお伝えする研修です。

 

 

日々のモヤモヤや不満を言語化し、解決にむけた行動までを自身の力で出来るようになる土台作りをします。

 

 

一人一人の主体性をあげることでチームが本来取り組むべき課題を全うできる環境作りが可能です。

現状抱えている一つの問題にフォーカスして、「問題提起、自己整理(感情・思考)、俯瞰・分析、など」独自のメソッドで構成した6段階の分析ステップを白紙ノートに書き出しすことで、自分の思考の癖や思い込みを発見し、改善策を見つけ、実際に自らの力で動き出すまでを実現するための手順を導きます。

現状抱えている一つの問題にフォーカスして、「問題提起、自己整理(感情・思考)、俯瞰・分析、など」独自のメソッドで構成した6段階の分析ステップを白紙ノートに書き出しすことで、自分の思考の癖や思い込みを発見し、改善策を見つけ、実際に自らの力で動き出すまでを実現するための手順を導きます。

啓発系のメソッドも多くありますが、男性脳向けであったり、型に はめやすい構成であるいっぽう、自愛力ノート®は、白紙に自由に書 き出し、感情にフォーカスするという女性脳に合ったメソッドです。

啓発系のメソッドも多くありますが、男性脳向けであったり、型に はめやすい構成であるいっぽう、自愛力ノート®は、白紙に自由に書 き出し、感情にフォーカスするという女性脳に合ったメソッドです。

開発にあたって、モニターを募集 し、試行錯誤、改良を加え、一番 シンプルな質問だけを抽出した結 果が出やすい実現性のあるノート術です。

開発にあたって、モニターを募集 し、試行錯誤、改良を加え、一番 シンプルな質問だけを抽出した結 果が出やすい実現性のあるノート術です。

実際に紙に書き出し視覚化されることで、自分自身を俯瞰し思考整 理がしやすい、目標達成しやすい。 といわれており、より早く確実に、解決する力が身につきます。

実際に紙に書き出し視覚化されることで、自分自身を俯瞰し思考整 理がしやすい、目標達成しやすい。 といわれており、より早く確実に、解決する力が身につきます。

問題解決には、まずは自分の本質を知ることから。人間の思考は3%が意識的97%が無意識であると言われており自分にとっての都合の悪いことや、苦手意識、思い込み、固定観念によって無意識に紐付けられた感情を無意識に持っています。

 

実は、ほどんどの場合無意識にも問題の原因や解決の糸口にすでに気づいているといわれています。

 

無意識を意識に引き上げることによって、問題解決、夢の実現をよりスムーズに計画的に行うことが可能になります。

問題解決には、まずは自分の本質を知ることから。人間の思考は3%が意識的97%が無意識であると言われており自分にとっての都合の悪いことや、苦手意識、思い込み、固定観念によって無意識に紐付けられた感情を無意識に持っています。

 

実は、ほどんどの場合無意識にも問題の原因や解決の糸口にすでに気づいているといわれています。

 

無意識を意識に引き上げることによって、問題解決、夢の実現をよりスムーズに計画的に行うことが可能になります。

無意識を意識に引き上げる作業のプロセスを正しく踏むことが前向きな問題解決につながります。

 

自愛力ノートはこのプロセスに注目し、開発しました。

 

以下は、通常のステップと自愛力ノート®のステップを比較した表です。

 

 

無意識を意識に引き上げる作業のプロセスを正しく踏むことが前向きな問題解決につながります。

 

自愛力ノートはこのプロセスに注目し、開発しました。

 

以下は、通常のステップと自愛力ノート®のステップを比較した表です。

 

 

「上司が苦手で仕事に行きたくない」

という問題に対して、通常のステップでは表面的な解決になってしまいます。

 

問題を抱えた本人の主観や感情で物事を捉えるために起こります。

 

結果「現状から逃げただけ」で、また同じ問題が新しい環境で引き起こる可能性が高く、本質的な解決とは言えません。

「上司が苦手で仕事に行きたくない」

という問題に対して、通常のステップでは表面的な解決になってしまいます。

 

問題を抱えた本人の主観や感情で物事を捉えるために起こります。

 

結果「現状から逃げただけ」で、また同じ問題が新しい環境で引き起こる可能性が高く、本質的な解決とは言えません。

一方、自愛力ノート®のステップでは

「上司が苦手で仕事に行きたくない」という問題を一度、無意識レベルでどんな感情が起こっていたのか、決めつけ・思い込みがあったのか、実際の問題はそこなのか…を思考するプロセスを進みます。

 

「実際は自分にも問題があること」や「努力をすること」「変化を起こすこと」など、物事に正面から向き合うことが苦手な方に多いのは、このプロセスが抜けていることによる表面的な現実逃避です。

 

心を落ち着けて事実や感情を客観的にノートに書くことで「無意識の客観視」のプロセスを踏みやすくするだけでなく、「自分で自信で気づくことができる」そして「自分自信で前向きな問題解決策を決定できる」ようになることで、問題解決力を格段に鍛えることができます。

一方、自愛力ノート®のステップでは

「上司が苦手で仕事に行きたくない」という問題を一度、無意識レベルでどんな感情が起こっていたのか、決めつけ・思い込みがあったのか、実際の問題はそこなのか…を思考するプロセスを進みます。

 

「実際は自分にも問題があること」や「努力をすること」「変化を起こすこと」など、物事に正面から向き合うことが苦手な方に多いのは、このプロセスが抜けていることによる表面的な現実逃避です。

 

心を落ち着けて事実や感情を客観的にノートに書くことで「無意識の客観視」のプロセスを踏みやすくするだけでなく、「自分で自信で気づくことができる」そして「自分自信で前向きな問題解決策を決定できる」ようになることで、問題解決力を格段に鍛えることができます。

引用:世界保健機関による精神的健康の定義は、精神障害でないだけでなく、自身の可能性を実現し、共同体に実りあるよう貢献して、十全にあることだとしている。精神的健康は 基本的人権であり、それを最大限に享受するという狙いか ら精神保健法が制定される。それら法においては、精神障害を人権に配慮して治療し、また予防し、そして社会共同体の中へと回復し、精神的健康を維持し増進していくことがその方法として宣言されている。

wikipediaより

上記の通りWHOは、「精神的健康」の定義が精神障害のない状態だけでなく、自己実現や社会の一員としての自己承認がそれであるとともに、これらが保たれる環境を基本的人権として提言しています。

 

風潮として、会社・組織にも「精神的健康」な社員への職場環境作りが求められるようになってからそれほど年月も浅くありません。

 しかしながら現代社会において、精神的健康を保てずストレスを抱えている人口が多いのも現実です。

 

以下は、会社員が抱える主なストレスの要因の調査です。

 

 

上記の通りWHOは、「精神的健康」の定義が精神障害のない状態だけでなく、自己実現や社会の一員としての自己承認がそれであるとともに、これらが保たれる環境を基本的人権として提言しています。

 

風潮として、会社・組織にも「精神的健康」な社員への職場環境作りが求められるようになってからそれほど年月も浅くありません。

 しかしながら現代社会において、精神的健康を保てずストレスを抱えている人口が多いのも現実です。

 

以下は、会社員が抱える主なストレスの要因の調査です。

 

 

もし、起きたら我慢できないほどの強いストレスを感じてしまう 仕事上の出来事は何か(複数回答)

「若手と管理職の意識調査」/メディケア生命保険調べ

ストレスの原因に、「若手」「管理職」共に人間関係の問題、精神的な嫌悪によるものが挙げられます。

 

しかしながら、これらは会社の問題ではなく本人の考え方によるストレスである可能性があります。

 

さらに、「サービス残業」などの規則逸脱は別として、給与の不満なども、上述の「無意識レベルの問題客観視」によって、実際の問題が、会社の提示するハード面ではなく実は自分自身の課題解決が必要でありストレスを感じる必要のないものである可能性はないとは言えません。

 

ストレスの原因に、「若手」「管理職」共に人間関係の問題、精神的な嫌悪によるものが挙げられます。

 

しかしながら、これらは会社の問題ではなく本人の考え方によるストレスである可能性があります。

 

さらに、「サービス残業」などの規則逸脱は別として、給与の不満なども、上述の「無意識レベルの問題客観視」によって、実際の問題が、会社の提示するハード面ではなく実は自分自身の課題解決が必要でありストレスを感じる必要のないものである可能性はないとは言えません。

 

 会社側の配慮は必要なものの、管理職者の働きかけだけでは限界があると思われる「社員本人の内面マネジメント」の問題が原因の上位を多く占めていると言えます。

 

会社側の配慮は必要なものの、管理職者の働きかけだけでは限界があると思われる「社員本人の内面マネジメント」の問題が原因の上位を多く占めていると言えます。

 

また近日、政府も「働き方改革」で、副業や兼業の推進を提言。

それに伴う自己啓発や起業ブームで「会社で働くこと=自由でない」といった固定観念も生まれているような気がします。

 

 

例えば、30.40代管理職女性。
男性と同等な社会的ポジションを実現した今、果たしてこのまま続けていくことを望んでいたのだろうかと自問自答し出す時期。
35から49歳が一番イライラモヤモヤ期と言われ、社会人生最後のチャンスにどうしていくかで迷う女性の増加しています。

「起業ブーム」「複業」など会社員としてではなく一個人として、プライベートとのバランスのとれた働き方を実現する女性が増えた今、多くの女性の「私も…」という思いは膨らんでいるように思います。

 

「本当の自分って・・・」を自問自答し、それを取り戻したい。会社にいても今の不満を解決すること「自分らしくいられること」はできないと、ひとまずの現状から逃避をする自分探し的に副業をはじめる女性がいるのも事実です。

また近日、政府も「働き方改革」で、副業や兼業の推進を提言。

それに伴う自己啓発や起業ブームで「会社で働くこと=自由でない」といった固定観念も生まれているような気がします。

 

 

例えば、30.40代管理職女性。
男性と同等な社会的ポジションを実現した今、果たしてこのまま続けていくことを望んでいたのだろうかと自問自答し出す時期。
35から49歳が一番イライラモヤモヤ期と言われ、社会人生最後のチャンスにどうしていくかで迷う女性の増加しています。

「起業ブーム」「複業」など会社員としてではなく一個人として、プライベートとのバランスのとれた働き方を実現する女性が増えた今、多くの女性の「私も…」という思いは膨らんでいるように思います。

 

「本当の自分って・・・」を自問自答し、それを取り戻したい。会社にいても今の不満を解決すること「自分らしくいられること」はできないと、ひとまずの現状から逃避をする自分探し的に副業をはじめる女性がいるのも事実です。

しかしながら、自分探し的に始めた副業や起業を継続できる人の割合が多くないのも事実です。

 

 

会社への不満というのは、 「職場環境(単純な外的要因)が原因」の場合と 「本人の問題や責任転換(本人の内部要因)」の場合のどちらかだと言われており、外的な要因を除けば、「起業」「副業」をとおして、内面のモヤモヤから逃避しただけで本質的な解決ではないことにやってみて気づいたり、現状を変えることに一直線で、個人で仕事をしていくことへの準備や経営スキル、マインドセットが不十分だった可能性があります。

しかしながら、自分探し的に始めた副業や起業を継続できる人の割合が多くないのも事実です。

 

 

会社への不満というのは、 「職場環境(単純な外的要因)が原因」の場合と 「本人の問題や責任転換(本人の内部要因)」の場合のどちらかだと言われており、外的な要因を除けば、「起業」「副業」をとおして、内面のモヤモヤから逃避しただけで本質的な解決ではないことにやってみて気づいたり、現状を変えることに一直線で、個人で仕事をしていくことへの準備や経営スキル、マインドセットが不十分だった可能性があります。

副業をしたことがありますか。またそちらを続けていますか。

「街頭30.40代女性、副業・起業の意識調査」/マイナビ調べ

内部要因さえ解決されれば、実は現状の職場環境になんら問題はなく、「会社こそ自分らしく働ける場所である」場合はが多いのです。

 

自愛力ノート研修は

上記のような社会の風潮・人間心理を背景に、会社員として働く女性を対象とした、自己マネージメント力を身につけ、現在の職場環境を自ら改善し、目標設定し、意欲高く働けるようになる外部セミナーとして企画しました。

内部要因さえ解決されれば、実は現状の職場環境になんら問題はなく、「会社こそ自分らしく働ける場所である」場合はが多いのです。

 

自愛力ノート研修は

上記のような社会の風潮・人間心理を背景に、会社員として働く女性を対象とした、自己マネージメント力を身につけ、現在の職場環境を自ら改善し、目標設定し、意欲高く働けるようになる外部セミナーとして企画しました。

会社にいても十分自分らしくいられます。
むしろ、得意なところを活かして社会貢献できる、能力を十分に活かせる環境であり、これらを社員が認識することはとても重要です。

会社にいても十分自分らしくいられます。
むしろ、得意なところを活かして社会貢献できる、能力を十分に活かせる環境であり、これらを社員が認識することはとても重要です。

→人間は「所属と愛の欲求」を有しているといわれ、感動で満たされる成人の場を会社は提供していると言える。

 

 

→会社は一メンバーとして、得意な仕事内容やポジションに特化して取り組めるため、自分自身の適材適所で 働け自己価値が見出せる場と言える

 

 

→向上心が高い人にはやりがいをもって働ける場である

 

 

上記を社員が認識することは、社員が気持ち良く生き生き働くために必要不可欠です。

 

自愛力ノートを用いて、自己マネジメント力を付けることができると、一人一人の主体性があがりチームが本来取り組むべき課題を全うできるでようになります。さらに「組織の一員であること」に使命を持って働く社員が増えることは、組織と本人にポジティブな相互利益をもたらすと言えます。

上記を社員が認識することは、社員が気持ち良く生き生き働くために必要不可欠です。

 

自愛力ノートを用いて、自己マネジメント力を付けることができると、一人一人の主体性があがりチームが本来取り組むべき課題を全うできるでようになります。さらに「組織の一員であること」に使命を持って働く社員が増えることは、組織と本人にポジティブな相互利益をもたらすと言えます。

岩澤レイコ

 

1981年生まれ  医療系工学部 卒業

・自愛力ノート®考案者

・株式会社経済界公認エヴァンジェリスト

・PRスキルスペシャリスト

・レイキマスター&ティーチャー

・医療系国家資格保有

 

 

20代 サラリーマン時代 入社3年で施設責任者となる。 1年で顧客10倍UP、最新 設備導入まで貢献。 

 

その後、自由診療へ転職。 入社1年で新規施設のオープンに尽力 。

 0からの功績が評価され管理職 になる。

部下40名。それまで0だった学会予算の稟議を通し参加を実現する など、内部改革に抜擢される。

 

やる気UP目標達成などの社内セミナ ー、会社説明会の講師も務める。 30代 専業主婦時代 結婚を機に退職。 

 

管理職時代から学んでいた自己啓発論や心理学をもとに インターネットで自己マネージメントについての発信を行っていたところ 「もっと学びたい」との声を受け あらゆる知恵を融合させた 自分を愛して望む未来へ導く 「自愛力ノート®」を考案。 

 

20〜40代の女性に共感を得るようになり、現在は海を越え隣国でも広がりはじめている。専門家からも共感 を得るようになり、 18ヶ月国内外のべ450名以上となる。1

現在、会社・組織に求められること。

 

それは以下のような内的要因のサポートと言われています。

・社員の離職

・モチベーションの低さ

・メンタルヘルスケア

現在、会社・組織に求められること。

 

それは以下のような内的要因のサポートと言われています。

・社員の離職

・モチベーションの低さ

・メンタルヘルスケア

その一つの施作として、「福利厚生」「インナーブランディング」「社員満足度向上」の視点でも、多くの起業で社員向けの研修が注目されています。

その一つの施作として、「福利厚生」「インナーブランディング」「社員満足度向上」の視点でも、多くの起業で社員向けの研修が注目されています。

今後、導入を検討しているメンタルヘルス対策はありますか?)

エンジャパン調べ

現代社会における企業研修としての自愛力ノートの可能性の確信

 

それは当ノート術考案者であり講師である岩澤れいこ自身の経験によるものです。 

(以下、岩澤れいこ本人より

 

現代社会における企業研修としての自愛力ノートの可能性の確信

 

それは当ノート術考案者であり講師である岩澤レイコ自身の経験によるものです。 

(以下、岩澤レイコ本人より)

 

管理職時代に仕事の効率化、成功法則を勉強し、いかに結果を出すかを追求していた中で、心理学・脳科学まで学びを進めていくと、追い求める自分こそが自己否定だということに気づきます。

確かに仕事で成果は出て、人から見た私の人生は順風満帆のようでしたが、私自身は本質的に満足していませんでした。

 

 自己肯定感、自己評価に対する価値観や受け取り方は、男性と女性では違い、仕事での成功が人生の幸せと結びつかない本音に何度も悩ませるものだと思っています。 女性のモチベーション維持に大切なのは、自己受容。 

 

管理職時代に仕事の効率化、成功法則を勉強し、いかに結果を出すかを追求していた中で、心理学・脳科学まで学びを進めていくと、追い求める自分こそが自己否定だということに気づきます。

確かに仕事で成果は出て、人から見た私の人生は順風満帆のようでしたが、私自身は本質的に満足していませんでした。

 

 自己肯定感、自己評価に対する価値観や受け取り方は、男性と女性では違い、仕事での成功が人生の幸せと結びつかない本音に何度も悩ませるものだと思っています。 女性のモチベーション維持に大切なのは、自己受容。 

 

本質の自分を俯瞰し、それに寄り添い過ごしていられる環境だと気づきました。

この気づきは私自身の生きづらさ、仕事に対する漠然としたむなしさもなくなり、人を信用できるようにもなっていきました。

自分自身の本音に気づき、受容し、行動をおこすようになると「思考」「感情」「クリエイティブ性」が整い、能動的な自分を信頼できるようになって自信を取り戻すことができ、さらに自己受容できるようになると、人と違っていても心に余裕ができ責任転換もなくなります。 このような学びと経験と気づきをメソッド化し、より多くの女性に幸せになってほしいとノート術の考案に至りました。 一般女性対象に本格リリースから20〜40代の幅広い年齢層の会社員女性に受講いただけ、目の色が変わった方を多く見てきました。

この気づきは私自身の生きづらさ、仕事に対する漠然としたむなしさもなくなり、人を信用できるようにもなっていきました。

自分自身の本音に気づき、受容し、行動をおこすようになると「思考」「感情」「クリエイティブ性」が整い、能動的な自分を信頼できるようになって自信を取り戻すことができ、さらに自己受容できるようになると、人と違っていても心に余裕ができ責任転換もなくなります。 このような学びと経験と気づきをメソッド化し、より多くの女性に幸せになってほしいとノート術の考案に至りました。 一般女性対象に本格リリースから20〜40代の幅広い年齢層の会社員女性に受講いただけ、目の色が変わった方を多く見てきました。

さらに近日、新しいフェーズとして、考案の原点である当時の私のような会社で邁進する女性に向けた企業さま向け社員研修活動を開始しました。

仕事の不満の原因が「会社員である」ことではなかったことに気づき、生き生き活躍するための環境が整っている現状に気づけることで、会社の中で自分らしく活躍する女性が増えることを確信しています。

さらに近日、新しいフェーズとして、考案の原点である当時の私のような会社で邁進する女性に向けた企業さま向け社員研修活動を開始しました。

仕事の不満の原因が「会社員である」ことではなかったことに気づき、生き生き活躍するための環境が整っている現状に気づけることで、会社の中で自分らしく活躍する女性が増えることを確信しています。

以下これまで述べ450名以上の自愛力ノート実践者から寄せられた感想をご紹介いたします。

以下これまで述べ450名以上の自愛力ノート実践者から寄せられた感想をご紹介いたします。

ノート術を使用した、社員向けマインド研修として以下のようなセミナーのご提案が可能です。(一例)

 

ノート術を使用した、社員向けマインド研修として以下のようなセミナーのご提案が可能です。(一例)

 

  • 新時代の管理職女性向け自己マネージメントセミナー
  • 「生き生き会社で自分らしく働く」自己カウンセリング 術セミナー
  • 一般職向けモチベーション向上のための 「自分磨きセミナー」
  • 30代女性社員層向け「家庭も仕事も自分らしく輝く ワークライフバランス研修」 など
  • 新時代の管理職女性向け自己マネージメントセミナー
  • 「生き生き会社で自分らしく働く」自己カウンセリング 術セミナー
  • 一般職向けモチベーション向上のための 「自分磨きセミナー」
  • 30代女性社員層向け「家庭も仕事も自分らしく輝く ワークライフバランス研修」 など

詳細な内容や、お見積もりなど、柔軟にご提案させていただきます。

 

※目安:5名以上、5万円〜

※詳しくは下記のお取引の流れで進めさせていただいております。

詳細な内容や、お見積もりなど、柔軟にご提案させていただきます。

 

※目安:5名以上、5万円〜

※詳しくは下記のお取引の流れで進めさせていただいております。

  • 下記フォームからお問合せ (電話/訪問/メール、人数、場所、)
  • こちらから2営業日以内にご返信させていただきます。
  • お電話もしくはご訪問にてヒアリング
  • お見積もり・研修内容のご提案
  • ご入金・契約
  • 準備打ち合わせ(必要回数)
  • 研修当日
  • 下記フォームからお問合せ (電話/訪問/メール、人数、場所、)
  • こちらから2営業日以内にご返信させていただきます。
  • お電話もしくはご訪問にてヒアリング
  • お見積もり・研修内容のご提案
  • ご入金・契約
  • 準備打ち合わせ(必要回数)
  • 研修当日

全国ご対応可能です。


一都三県はセミナー代のみ。こちら以外のエリアは別途交通費をいただきます。

基本的に会場お呼びの設備のご提供は貴社にてご手配お願いして おります。難しい場合はご相談ください。

貴社に合わせた研修プランをご提案させていただきますので ヒアリングの際にご相談ください。

柔軟にご対応させていただいておりますので、ご遠慮なく ご希望を教えてください。

平日、土日祝ご対応可能です。基本的に10:00〜22:00まで の間での開催です。

全額前支払い、銀行振込にてお願いしております。

契約後のキャンセルは100%ご返金いたしかねます。